気まま写真日記

kimamaph.exblog.jp
ブログトップ

タグ:銀塩 ( 15 ) タグの人気記事


2010年 09月 20日

もうわけがわかりません、ニコンさん。

e0156667_0353920.jpg
Nikon NIKONOSⅢ

ニコンから新型デジカメが発表されて、ちょっとこれ、よさげですね。D7000。

これからいいDX機が欲しい向きにはおススメではないかと。

視野率100%だとかダブルスロットだとかで下克上であると巷では評価されているのですが、
仕様をチェックしてみて個人的にこりゃいいぞと感じたのは、MFレンズも使えるということ。拍手。

ニコンの新発売ではD7000ばかりが話題だけれど、むしろコンデジのP7000のほうにココロ惹かれます。

ウェブでその外観を見るかぎりでは、なかなかカッコいいと思うんですね。寸詰まりのRF機みたいで。
コンパクトデジカメはじつはズーム機が欲しいなと思っていて、GXR+P10とかCX3(4はデザインが嫌)とか
いいかなぁとぼんやり考えていたのだけれど、ここにきてP7000が候補入り。

・・・それにしても、ニコンのデジタル1眼レフのネーミングは、どうなんでしょ、ありゃ。
もうさっぱりわけがわからなくなってきました。
このあとはどうなるんじゃい、と思っているひとは多い筈。

いっそのことさー、『D』ってのやめて、『Dxナントカ』とか『Fxナントカ』にしてもらわんと。
それとも、銀塩時代に倣って考えると『DD』とか『DF』ってなるのかな?なんかカッコわるいなー。

でも、ふと我が身を省みると、ニコンのカメラとレンズをわけわからんぐらい持っている。
数えてみた。フィルム1眼レフ4台、デジタル1眼レフ1台、純正レンズ9本、他社製レンズ4本。
・・・これまたずいぶん考えもの。

画像は、昔知人に貰ったニコノスⅢ。動かないので我が家のオブジェとなっています。
[PR]

by moto9383jp | 2010-09-20 00:36 | 機材庫(フィルムカメラ)
2010年 05月 09日

GRD3にまつわる悩み

e0156667_12232823.jpg
NIkon New FM2 / Ai 50mm F1.4S / RDPⅡ/ E995+スライドコピーアダプタ

よいリストストラップが見つけられず、GRD3はフル稼働せず。

GRDシリーズのうちではいちばん画もいいし自由度も高く、ただ1点を除いては言うこと無いのだけれど。

『持ちづらい』

ただそれだけ。

レンズユニットの径と液晶が2代目までに比べてビミョーに大きくなったぶん、
特に親指と中指と薬指でホールドする面積もビミョーに小さくなってしまった。

あの、掌に吸い付いて離れないような感触が、3代目には無い。
手にカメラがあることを常に意識していないと、落っことしてしまいそうな心許無さ。
見た目にはほんのちょっとしかちがわないんですけどね。

ストラップみつかるまで、GRD2使おうか。
[PR]

by moto9383jp | 2010-05-09 12:41
2010年 05月 04日

iPhoneで遊んでみた。

牛乳寒天の出来はなかなか。美味しゅうございました。
デコポンをむいて寒天の中にとじこめたバージョンは午後にいただきます。

さて。

iPhoneを購入して2週間、日常とシゴトに必要なメールと通話の環境整備と使い方には
だいぶ馴れてきました。ちょうどこの時期に、以前から使ってきたBluetoothのイヤホンも
壊れてお役御免となり新調。iPhoneのカタチは通話にしっくりこないので、これは欠かせません。
メール受信が1日80~90件、通話も頻繁なので、電力消費は評判どおりのものすごいスピード。新幹線みたい。
対策として、行動拠点の各所に充電設備を設けました。自宅・クルマ・仕事場。
電源が取れない状況に備えて、携帯用バッテリをひとつカバンのなかに放り込んでおきます。
ただ、充電時間も短くて済んじゃう。単にバッテリ容量が小さいだけ?

連休に差し掛かってちょっと時間に余裕ができたら、このオトナのおもちゃでどんなふうに
遊ぼうかと、やはりそんな思惑がふつふつと湧いてまいりました。

iPhone自体のカメラ機能はミニマムなのですが、アプリでいろいろと拡張できるようなので
探索してみるとまず目についたのが『Old Camera』なるもの。画像をクラシックカメラ調に変換できるソフト。

まず1枚撮って変換してみました。

e0156667_11531615.jpg


ん~、なかなかいいカンジではないですか。しかもスクエアモードにできるという。

周辺減光も可能なのです。

e0156667_11523251.jpg


陽射しが強く被写体のコントラストが強いせいかこんなふうに周りが真っ暗ですが(笑

わりとニュートラルな光の具合であれば、こんなふうになります。
モデルはM6パンダちゃん。設定で調色しています。

e0156667_1155231.jpg


これはおもしろい。使える。
おそるべしiPhoneワールド。

ほかにも、『Film LAB』という銀塩派(一応まだ・・・)の食指をそそるアプリも
ダウンロードしたので、あらためてレポートいたします。
[PR]

by moto9383jp | 2010-05-04 12:02 | 機材庫(デジタルカメラ)
2010年 04月 21日

涙目で格闘するも諦めの境地に。

e0156667_1262881.jpg
Nikon F3 / Ultron 40mm F2 / TX400

もう、じぇんじぇんわがんね。

本日、仕事用の携帯デンワを iPhone に機種変更した。

まず、操作方法が解らん。どうやって返信したものか、合点がいくまで数時間かかった。

電話帳の移行ができない。サーバーに接続できないとか表示される。なぜだ。
おかげで、明日は従来のデンワを電話帳代わりに持たなくてはならない。

MMSとEメール ( i ) と普通のメールアカウントの関係が整理できない。

なんでひとつの携帯デンワにIDやパスワードがふたつもみっつも絡むのじゃ。

とりあえずメールと通話が出来さえすれば、他の機能はゆっくり理解していけるのに、
基本のふたつが、思うようにできない。

『携帯デンワもろくに使いこなせない男のひとって・・・』と、脳内で誰かがつぶやいている。

10年前は、Macバリバリ使いこなしてたんだけどなぁ・・・
[PR]

by moto9383jp | 2010-04-21 01:41 | 半径☆☆メートル
2010年 03月 14日

写真鑑賞

e0156667_1517383.jpg
GR DIGITAL3

金曜の夜、シゴトが終わってから福島へ。

円盤餃子とビールでさんざん酔っぱらい、明けて土曜日。

ゆうべ飲み屋街で見上げた夜空は星が綺麗で、では明日は吾妻小富士でも・・・と
思っていたのだけれど、朝には小雨がぱらつく生憎のお天気。

福島市の『花の写真館』へ立ち寄ってから帰ることにしました。

ここには、こぢんまりとではあるけれど、故秋山庄太郎氏の作品が常設されているのです。

ぼくの年代にとっては往年あるいは晩年、故人といった女優さんたちのポートレート。

こんなに綺麗な女優さんって、いまもいるのだろうか。
1枚のカットだけでこんなにもはっとさせられる女優さんって、見たことあったかな。
昔はこんなにスゴイひとたちが、銀幕で跳ねまわっていたのか・・・

そんなふうに感じずにはおれないような、ものすごいオーラを発するプリントが、
大正時代の石造建物の一角で静かにひしめき合っています。
夜中とか、プリントからみんな出てきちゃったりするのかな。だとしたら、なんというゴーヂャス。

なかでも、原節子さんと岩下志麻さんの写真は、ずいぶんぐっときましたよ。

写真館で観たものとはちがうけれど、『富士フィルム ウェブ写真美術館』にて
秋山庄太郎氏の撮った原節子さんのポートレートを観ることができます。
[PR]

by moto9383jp | 2010-03-14 15:18
2010年 01月 10日

AGFA ULTRA100

e0156667_1125527.jpg
Nikon New FM2 / Ai-50mm F1.4S /AGFA ULTRA 100

デスク周りを漁っていたら、赤地に白いラインの包装に包まれたネガが出てきた。
おっ、ULTRA100じゃないの。プリントが見当たらないので、ふたつみっつスキャンしてみた。

写真全体が落ち着いたトーンで構成されているときは黙っているくせに、
原色系を含ませた途端にとんでもなくべったりとしたプリントがあがってくる。
そのギャップが楽しかった。
青空の下で花畑を撮ったときなどは、まるで写真ではないように見えた。

またでないかな~、こんなおもしろいフィルム。
[PR]

by moto9383jp | 2010-01-10 11:28
2009年 12月 14日

Nikon FE

e0156667_2191682.jpg
いつのことかは、忘れましたが・・・

街中をふらふらと歩きながら、中古カメラを扱うお店に入り、
もちろんウィンドウショッピングといいますか、ただただカメラに
埋もれる雰囲気だけ満喫するつもりだったのであります。

ニコンのMF機が陳列された棚など眺めて、いつもはFM2のたたずまいに
見惚れたりしているのですが(持っているにもかかわらず・・・ほとんどビョーキ)、
なぜかその日は2台並んだ黒のFEに目がとまったのであります。

片方はペンタ部が凹んでいたりずいぶんくたびれているけど、
もう1台はわりと綺麗でボディ角の塗装がいい具合に擦れて
地金がむき出しになった具合がなかなか可愛らしく、
ケースから出してもらうことにしました。

シャッター、モルト、マウント、電池など思いつくままひととおり
チェックするも、特におかしなところも無く、指針式の露出計もちゃんと動きました。

チェックする際に合わせた35mm F2とともに、予定外のお買い上げ。
持ち合わせでじゅうぶん間に合うお値段でした。
数本しかフィルムを通していませんが、楽しめるカメラです。

既に部品在庫が無いそうなので壊れちゃったらもうお仕舞いかもしれませんが、
あきらめがついてしまうほどお安いです。
絞りとシャッタースピードをきちんと身に付けたい、銀塩マニュアル機を使ってみたい
なんていう方にははじめの1台としておススメです。
[PR]

by moto9383jp | 2009-12-14 02:19 | 機材庫(フィルムカメラ)
2009年 12月 06日

いつのまにやら

e0156667_581534.jpg
SENDAI 光のページェントにて
Nikon F3 / Ai 24mm F2.8S / RDPⅢ


こちらへ引っ越してきてからもう1年以上が経っているのに気づきませんでした。

亀より遅く、気ままに不定期な更新にもかかわらず、
ちょくちょく立ち寄ってくださる方もおられるようで、たいへんありがたいことです。
あっというまに暮れが来て年が明けるのでしょうが、今年はあと何回更新できるでしょうか。

仙台では次の週末から、『SENDAI 光のページェント』 略して 『ひかぺー』が始まります。
あまり有名ではないですが、全国的にも類を見ないほどの大規模なイルミネーションです。
当地ではすっかり年末の年中行事として定着しています。
[PR]

by moto9383jp | 2009-12-06 05:09 | 仙台の街並
2009年 04月 12日

カメラ増えるの巻。

e0156667_17353572.jpg
義父が 『これ持ってってくれ、使っていいから』 と言って寄越したのは、
ニコマートFTというマニュアルフォーカスの一眼レフカメラ。
レンズはNikkor-S Auto 50mm F1.4が着いている。
購入したのは昭和45年ごろだという。高校では写真部に所属し、その頃手にしたそうだ。
一眼レフ黎明期の普及モデルだそうで、、今で言うところのD60とかD90、
キャノンならKiss X3あたりなんだろうけれど、普及モデルというわりにはかなり造りがいい。

じつはこのカメラ、数年前にぼくの手でいちどニコンへメンテナンスを依頼している。
露出計は作動しておらず、また部品も無いため修理不能とのことだったが、
それ以外の動作確認やグリス補充、モルト交換等をお願いした。
使える状態で義父に返し、時々フィルムを詰めてはパチパチしていたらしい。

ひととおり動作をチェックしてみると、まだまだ使えそうだ。
40年近くの間に一度しかメンテナンスに出していない状態でも
ほぼ正常に動作する。機械式カメラ恐るべし。
そして、ぼくの持っているニコン用のレンズのほぼすべてが装着可能な筈だ。

逆に、今ではオールドレンズとなってしまったNikkor-S Auto 50mm F1.4 と、
現行の(といっても設計はずいぶん古いが)Ai-S 50mm F1.4 を D300 あたりに
取り付けて撮り比べしたら面白いかなあ、と考えているのです。
[PR]

by moto9383jp | 2009-04-12 17:38 | 機材庫(フィルムカメラ)
2009年 03月 09日

蒼の散歩・江ノ電にて

e0156667_23572055.jpg
e0156667_23573693.jpg
e0156667_2357529.jpg
Leica M6 / Nokton 40mm F1.4 S.C. / RDPⅢ

2月の初め、とんでもない快晴と暖かさに恵まれた鎌倉で、江ノ電に乗ったり降りたりしながら
購入したばかりのM6をパチパチ。富士山もすばらしく綺麗に蒼空に映え、上着も脱いで海風と
お日さまを浴びつつの撮影日和でございました。

2枚目は江ノ電を狙う撮り鉄の方々が写っていますが・・・
ここは有数の撮影スポットであるらしく、とてもちいさなカーブにさしかかって
電車がギリギリまで速度を落とすところです。
でも、このとき電車止めちゃってるのね、ほんの一瞬ではあるけれど。

ファインダーの中しか見えてないのかな。
カラダの一部や機材が危険枠の中に入りかけてることぐらいは・・・と思ったのでありました。
[PR]

by moto9383jp | 2009-03-09 00:15 | 旅の写真