気まま写真日記

kimamaph.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 24日

旅に出ます

e0156667_2531096.jpg
Nikon D700 / Ai 35mm F1.4S

今日から九州よかよかツアーに参ります。シゴトですけどね。3泊4日。

お仕事用の準備がようやくいま終わって、これから荷造りを始めるところ。

4日間となるとけっこう荷物が嵩みます。プロのビジネスマン(なんだそりゃ)なら
わりとコンパクトにまとめてしまうと思うのですが、背広とネクタイを身に着けると
体調を崩してしまうワタクシは、そのほかにも私服や平服を準備しなくちゃいけません。
最近ではもう適当にスーツケースに放り込んでしまうのですが。
持っていくカメラもGRDだけで我慢するようにしています。

あとは、お財布とヒコーキのカードとPCを忘れなければお仕事できます。

・・・それと、コンパクト日本地図帳も。ヒコーキの席はもちろん窓側。
[PR]

# by moto9383jp | 2010-09-24 02:54 | 旅の写真
2010年 09月 20日

もうわけがわかりません、ニコンさん。

e0156667_0353920.jpg
Nikon NIKONOSⅢ

ニコンから新型デジカメが発表されて、ちょっとこれ、よさげですね。D7000。

これからいいDX機が欲しい向きにはおススメではないかと。

視野率100%だとかダブルスロットだとかで下克上であると巷では評価されているのですが、
仕様をチェックしてみて個人的にこりゃいいぞと感じたのは、MFレンズも使えるということ。拍手。

ニコンの新発売ではD7000ばかりが話題だけれど、むしろコンデジのP7000のほうにココロ惹かれます。

ウェブでその外観を見るかぎりでは、なかなかカッコいいと思うんですね。寸詰まりのRF機みたいで。
コンパクトデジカメはじつはズーム機が欲しいなと思っていて、GXR+P10とかCX3(4はデザインが嫌)とか
いいかなぁとぼんやり考えていたのだけれど、ここにきてP7000が候補入り。

・・・それにしても、ニコンのデジタル1眼レフのネーミングは、どうなんでしょ、ありゃ。
もうさっぱりわけがわからなくなってきました。
このあとはどうなるんじゃい、と思っているひとは多い筈。

いっそのことさー、『D』ってのやめて、『Dxナントカ』とか『Fxナントカ』にしてもらわんと。
それとも、銀塩時代に倣って考えると『DD』とか『DF』ってなるのかな?なんかカッコわるいなー。

でも、ふと我が身を省みると、ニコンのカメラとレンズをわけわからんぐらい持っている。
数えてみた。フィルム1眼レフ4台、デジタル1眼レフ1台、純正レンズ9本、他社製レンズ4本。
・・・これまたずいぶん考えもの。

画像は、昔知人に貰ったニコノスⅢ。動かないので我が家のオブジェとなっています。
[PR]

# by moto9383jp | 2010-09-20 00:36 | 機材庫(フィルムカメラ)
2010年 09月 19日

秋の休日の過ごしかた

e0156667_1829490.jpg
GR DIGITAL3 / 亘理町・荒浜漁港

この週末は、ほんとうならば東京にいるはずだったのだけれど、キャンセル。

休むことにしました。

月曜は休まずに働くつもりなので今日がフル休日。

とはいえど、朝イチでデンワが鳴って臨時出動。

『亘理なんだけど(ちょっと距離がある)、いいかなあ』とデンワの主。

『(亘理・・・海・・・秋・・・はらこめし!!)行きましょう、全然OKです』と即答。

いそいそと準備を済ませ、亘理へクルマを奔らせシゴトを完遂。10時30分。

飲食店が開くまでちょっと時間があるので漁港周辺を散歩しながら、どのお店に行こうかと思案。
ひとくちにはらこめしとは言っても、店や家庭により微妙にレシピが異なるのです。

いちばん好みの加藤屋にココロを決め、11時過ぎにお店へ。

先客が一組来ておりました。

はらこめし、とは、鮭の親子丼みたいなもので、鮭を煮て、その煮汁でゴハンを炊いて
卵にも味付けをし、ゴハンに鮭と卵を盛り付けたもの。単なるイクラ丼とはまたちがって
鮭の味わいがしみわたる季節ものでございます。秋に宮城へお越しになる向きは、
ぜひ牛タンではなくこちらを召し上がってみてください。仙台市内でも出してくれるお店はあります。

やっぱりはらこめしは、美味しい。

e0156667_18293984.jpg













ここのお店のはらこめしは、たぶん、ですが煮汁で飯を炊くのではなくて
炊き上がったゴハンにあとから煮汁を混ぜて味付けする方法。個人的にはこちらが好み。

すっかり満足して帰ってきて洗濯して昼寝を楽しみました。

さあて、今晩は何を作ろうかなぁ。

あー、あれ。カレー。先日TVで放映してた、S&Bに伝わる黄金レシピってやつ。
[PR]

# by moto9383jp | 2010-09-19 18:31 | 半径☆☆メートル
2010年 09月 11日

ご無沙汰しております

e0156667_22423419.jpg
GR DIGITAL3

しばらくぶりに更新でございます。

ほとんど、じぶんのブログすらチェックできずにいましたが、
それでもほぼ毎日訪問いただいたカウントはされており・・・ありがたいことです。

この夏は頼まれシゴトがいやに多く、6月から数えて何処かへ出かけること11回。

そのうち家では口をきいてもらえなくなるのかな、なんてぼんやり考えたりしています。

今月中に東京へあと2回、そして月末に九州4日間の旅が控えています。

いいかげん、くたびれた。

ゆうべシゴトのお付き合いで街中に呑みに出かけましてね、
60年配のおじさんと20代の美女とわたくしめの3人で。呑むのははじめてのメンバーです。
まあ楽しく呑ませていただいて、いつも帰り際に必ずひとりで立ち寄るお店が
あるんですが、あやうくそこのカウンターで突っ伏して寝てしまいそうになりました。
酒量はそんなでもなかったんですけどね。

この週末はひさしぶりの休日。

なので、ちっとは更新しておこうかな、と。

写真撮りにいきたいな。
[PR]

# by moto9383jp | 2010-09-11 22:43 | 旅の写真
2010年 08月 16日

カネのハナシ

e0156667_0371063.jpg
GR DIGITAL3

この週末、NHKで糸井重里と矢沢永吉の対談を観た。

番組は、おカネのことをもういちど考えませんか、というようなコンセプトのもの。
両氏の対談と、高橋源一郎氏による文豪・思想家のおカネにまつわるハナシ、
そしてモデルの24歳の女の子のおカネに対する考え方の3部構成で、
それら別個のVTRを交互に3サイクルぐらい順に組み込んだ構成。

率直な感想としては、対談だけでも視聴者を啓蒙するには十分であったと思う。
高橋氏は、文芸評論家として文学史や思想史にみられるおカネのエピソードを紹介したに過ぎず、
モデルの女性は『○○円あったら何に使う?』という問いに『スーパーに行く』とか
『500円あれば1食食べられるじゃないですか』など、至ってフツーの金銭感覚を
ご披露なさっているばかりであった。正直、つまらなかった。

しかし、矢沢永吉のするカネのハナシは、妙に説得力があった。

額面のBIGなハナシ、というわけではない。
むしろ、『チケットが売り切れているのに興業として赤字になるのはなぜか』のような
経済原則のようなものや、『子供には家の電化製品を点けっ放しにしないよう
言い聞かせている』などのよくある常識的なものばかり。

しかし、このひとは、その昔一夜にして何十億もの借金を抱え、それを完済した人物である。
『俺って単純だからさ、YAZAWAなら返せるよ、って周りに言われて、マジ?って訊いたら
マジマジって言うからさ、その気になっちゃったわけ』とはうそぶくものの、
『このカネはどっから出てるの?誰が払うの?そんなクソ当たり前のことがさ、大事なんじゃないの』
カネにまつわる真理のひとつであることは解っているつもりなのだが、
このひとが口にすると、その真理はとてつもない迫力をもつ。

だけど、矢沢永吉が子供を正座させて、『おまえ、このエアコン誰が払ってると思ってんだ』
って訥々と説教するってのは、想像を絶するなあ。
[PR]

# by moto9383jp | 2010-08-16 00:43 | 仙台の街並