気まま写真日記

kimamaph.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 15日

D700はじめました

土曜日の夕方、帰宅するとD700が届いていた。

あらかじめ充電しておいたバッテリーとCFカードを詰め、ストラップを着けて
ごく簡単なカメラの設定を済ませ、夕暮れ迫る田んぼのほうへいそいそと出かけた。

D300からの乗り換えはスムーズで、操作について戸惑うことはほとんど無い。

ISO1600あたりも試してみたが、なんだってまあ、綺麗に写るものですねぇ。
とっくに日が沈んでいるのに、手持ちでちゃんと撮れてしまう。
e0156667_213578.jpg

50mm F1.4D / 絞り優先F2.8 / -1.7EV / ISO1600 / AWB

マウント側から中を覗き込むと、そこにはほぼ35mmサイズのミラーがぶらさがっていて、
なんとなく嬉しくなってしまう。ファインダー像はそこそこ大きいので気分よく
撮り続けられる。視野率95%というのは、他人が言うほど気にならない。
このボディサイズに視野率100%を可能にする機構を収めるのが無理なことは、
D3やα900と並べてみれば合点がいく。D3はそのためにセンサークリーニングを
犠牲にしているわけだし、α900はまるで戦車のようにゴツい。
プロが100%の視野率を欲するのは解るが、雑誌等に載るそのプロのコメントを
真に受けた一般ユーザーが95%しか無いと嘆くのには違和感をおぼえる。
ファインダーの見易さやピントの合わせ易さはどちらかというとファインダー倍率に
拠るのであって、視野率100%イコール『見易い』かといえばそうとも限らない。
ぼく個人の主観だが、New FM2のファインダーのほうがD3やα900のそれよりも
画面が大きく感じられピントも合わせやすく好きだ。

とはいっても、100%までは見えないということで、室内では片隅に洗濯物が入り込んだり
してしまうのだが、予め、あるいは撮って直ぐに確認できるのがデジタルカメラの長所だし、
撮りなおしができなかったとしても、トリミングやらなにやらでどうにでもなってしまう。

新しいカメラが来ると、まずは家族に貢献できる代物であることを示さなければならない。
で、アンパンマンに見入る子供を撮った。
e0156667_2513343.jpg

35mm F2D / 絞り優先F4.0 / -0.3EV / ISO200 / AWB
[PR]

by moto9383jp | 2009-06-15 02:58
2009年 06月 10日

悶絶しそう

本日、D300は旅へ出てゆきました。
おそらく週末あたりに、ちょっとペンタ部が大きくなったり
ロゴの数字が大きくなって帰ってくる予定です。

そういや、PEN50周年サイトなんていうのがあるんですね。
おー、何を企んでらっしゃるのかと思いきや、来週はじめに
PENのデジタルが発表されるのだそうな。
規格はもちろんマイクロフォーサーズ(面倒なので以下 4/3 )ですね。

ワタクシ、ここまでは冷静でした。

しかし、だ。

気付けば、コシナさんが4/3用VMマウントアダプターを作ってらっしゃる。
宮本製作所は4/3用ニコンFマウントアダプターを発表

こんなもの出された日にゃ、手持ちのコンパクトでお気に入りのレンズ、
Nokton40mmやUltron40mmが使えてしまうではないか。

カメラのデザインがそこそこ佳くて、おもいのほかレンズとお似合いだったらどうするんだ。
手頃な大きさの、素敵なカメラとお気に入りのレンズ。

・・・見ないようにしなきゃ、近づかないようにしなきゃ。
[PR]

by moto9383jp | 2009-06-10 02:15
2009年 06月 06日

そろそろいきますか

青森遠征後、あまり写真を撮れていない。
クルマを替えたので、そっちに気がとられているからだ。

でもまあ、そんななかでも、半ば悶々としつつたくらんでいることがある。
1年ちかく使ってきたD300から、どうやってD700へと鞍替えするべえか。

ハッセルやM6を購入した際の動機は、もう単純に魅せられたがゆえの物欲だったのだが、
今回はちょっとばかり事情がちがうようだ。

はっきりいうと 『DXフォーマットではいまひとつおもろない』 というのが理由。

D300の機能をマトモに使いこなしてもいないクセにずいぶんなことを云うもんだと
自分でもウンザリするが、D300の性能そのものには満足しつつも
なんとはなしのフラストレーションが隅っこのほうでずーっともぞもぞしている理由を
胸に手を当てて考えてみたところ、そういう結論に至った。

つまるところ、35mmのレンズは35mmで、50mmは50mmのままで使いたいという、
ただそれだけのこと。

じつのところ、D300と35mmフィルム一眼レフを同時に携行することは無かったように思う。
レンズが共用できるから荷物も少なくて済むのに、だ。あるときはD300とハッセル、
またあるときはGRDとF3(あるいはFM2)という具合に持ち出すことが多かった。

レンズマウントが同じとはいえ、焦点距離感覚が全く異なるふたつの一眼レフを持ち出すことを
無意識のうちに拒んでいたのだろうと思う。例えとしては少々大げさかもしれないが、
今まで普通のサッカーだったのにフットサルのコートに連れて行かれて11人でプレーさせられる
ような、あるいはボウリングのレーンを5~6mみじかくされてしまったような、釣堀で投げ釣りの
竿とリールを貸し与えられたような、そんな感覚だった。

D700を手にしたとして、いい写真が撮れるかどうかはまったく別にして(撮れるわけが無い)、
ストレスからは解放される筈、なのだが・・・

D300が悪いわけではないですよ。これはとてもいいカメラですからね。
[PR]

by moto9383jp | 2009-06-06 18:49