気まま写真日記

kimamaph.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2009年 04月 29日

由無しゴト

さて、ぴっかぴかのゴールデンウィーク入りなのだが、本日も厳しく仕事をしている。

とはいえ、世の中が休みなので、めずらしくゆっくりと昼休みを取り、窓の外の
どピーカンの青空を眺めている。コンビニのおにぎり(今日まで100円だったので)など
頬張ってはみたものの、せっかくの昼休みの過ごし方がどうも解らなくて、右往左往した挙句に
こうしてなぜか職場のPCに向かっている。

ゆうべ、夜更かしして映画を観た。DVDの『おくりびと』を買ってあったのだがなかなか観れずにいた。

物語は経時的にわりと淡々と進行していくが、少ない出演者にそれほど多くない
台詞でもじゅうぶん2時間楽しめる。本木雅弘はいい俳優になりつつあるように見える。
でも、もう20年ちかく前か、『ファンシィダンス』でも俳優として違和感が無かった記憶があるので、
元来この方は俳優でいらっしゃるのかもしれない。主人公の妻役の方は、ネット上のレビューでは
賛否(どちらかというと否)両論ある。たしかに女優さんとしてはちょっとどうかというところもあるが、
映画全体に占めるバランスとしては適役だったのかなという気もする。

冬から春にかけての、陽のみじかく寒さ厳しい庄内地方の空気感がとても心地よかった。
全編を通して光の強弱と色のバランスが取れていて、何度か訪れたことのある
彼の地の雰囲気が見事に描かれている。

今年は、その庄内地方(鶴岡)からの仕事のオファーも受けている。クルマにカメラを積んで
行ってみようかと、企んでいる。秋の始まりごろがいいなあ・・・。
[PR]

by moto9383jp | 2009-04-29 14:06
2009年 04月 24日

買ってみました Ⅱ号。

あたらしくGR Digital Ⅱを買い求め、先週末の出張に携えた。
いままでいろいろとカメラを買ってきたが、今回はなんともまあ気分的に盛り上がらない買い物で、
宅配便で届いた梱包を解き、あの黒い箱を開けて、カメラだけビニール袋から取り出し
初代GRDからバッテリーとカードを移し替えて撮影準備完了。ほか説明書やCD-ROMや
充電器にはまったく触れずに包装箱を廊下の物入れに仕舞い込んだ。購入手続きから
電源を入れるに至るまで、世代交代は粛々と執り行われた。

GRDⅢへの期待感が盛り上がる昨今、いまさら2代目かいなという感もしないでもない。
だが、銀塩GRを買い損ねて憧れと幻想だけでGRDファンになったワタクシとしては、義理でも
2代目も持っておきたいという思いはあった。また、先週あたりはこの2代目がべらぼうに安かったと
いうことも背中を押した。いま乗り換えれば、初代は動作可能なままで残すことができ、
有事の際はサブ機として使用できる。

操作系が少し改善されたぐらいで、特別な違和感は無い。初代に無い機能のひとつに、
水準器を液晶画面に表示することができる。この2日間はファインダーを使わず液晶と水準器を
見ながら撮ってみたが、これを普段デフォルトで使うかどうかはまだ決めあぐねている。
構図とシャッターチャンス、水平表示をどんぴしゃのタイミングで合わせられるかどうかというところ。
三脚を使用するのでなければ、これまでは誰でも自分自身の視覚と三半規管とを駆使して撮ってきた。
しかし、自らの感覚では水平を取れていても、水準表示がひとつ右に寄っていたら、
それに合わせようかどうか一瞬躊躇するだろう。結果、構図が微妙にずれたりいい瞬間を逃したりと
いうことにもなる。この2日間の傾向としては、ぼくの構えた状態で水準器は左にひとつぶんずれた状態、
つまりほんの少し右下がりと判断されていた。

では、水平水準器の表示は正しいだろうか。このカメラに収められた水準器の原理と構造を
ぼくはよく知らないのだけれど、一般的にナニゴトかを測定する機械というのは、
定期的なキャリブレーションが必要だ。製造段階でキャリブレートされていたとしても、
構造によっては使用状況や経時的にずれを生じる可能性がある。これは、ときどき
レベラーの着いている三脚に据え付けて確認してみようと考えている。

明日からまた出張で東京へ。今回はファインダーを持っていこう。
e0156667_3212696.jpg

GR DigitalⅡ/ F4 / -0.7EV / 中央重点測光 / ISO80
[PR]

by moto9383jp | 2009-04-24 03:22 | 機材庫(デジタルカメラ)
2009年 04月 12日

カメラ増えるの巻。

e0156667_17353572.jpg
義父が 『これ持ってってくれ、使っていいから』 と言って寄越したのは、
ニコマートFTというマニュアルフォーカスの一眼レフカメラ。
レンズはNikkor-S Auto 50mm F1.4が着いている。
購入したのは昭和45年ごろだという。高校では写真部に所属し、その頃手にしたそうだ。
一眼レフ黎明期の普及モデルだそうで、、今で言うところのD60とかD90、
キャノンならKiss X3あたりなんだろうけれど、普及モデルというわりにはかなり造りがいい。

じつはこのカメラ、数年前にぼくの手でいちどニコンへメンテナンスを依頼している。
露出計は作動しておらず、また部品も無いため修理不能とのことだったが、
それ以外の動作確認やグリス補充、モルト交換等をお願いした。
使える状態で義父に返し、時々フィルムを詰めてはパチパチしていたらしい。

ひととおり動作をチェックしてみると、まだまだ使えそうだ。
40年近くの間に一度しかメンテナンスに出していない状態でも
ほぼ正常に動作する。機械式カメラ恐るべし。
そして、ぼくの持っているニコン用のレンズのほぼすべてが装着可能な筈だ。

逆に、今ではオールドレンズとなってしまったNikkor-S Auto 50mm F1.4 と、
現行の(といっても設計はずいぶん古いが)Ai-S 50mm F1.4 を D300 あたりに
取り付けて撮り比べしたら面白いかなあ、と考えているのです。
[PR]

by moto9383jp | 2009-04-12 17:38 | 機材庫(フィルムカメラ)
2009年 04月 11日

狐百景

e0156667_1591780.jpg
GR Digital / F2.4 / -0.3EV / カラー撮影後モノクロ変換


描く人変われば同じ顔無し。

人にはみなちがう狐が棲むか。

3月某日早朝、雨の伏見稲荷にて
[PR]

by moto9383jp | 2009-04-11 15:13 | 旅の写真
2009年 04月 11日

世代交代します。たぶん。

ここ最近、GR Digitalの調子があまり芳しくない。

マクロモードで合焦しにくいことがあったり、電源ON/OFF時のレンズの繰出がスムーズではなかったり。
そう頻繁に起こるわけでもなく、裏技を使って鏡筒の繰出をリセットしたりも出来るので
特別に困っているわけでもないのだが、すっかり壊れてしまう前に次を考えておかなくてはならない。
いくら優れているデジカメだとはいえ、鏡筒の構造上、レンズにまつわるトラブルは
ある程度仕方の無いことではある。

真っ先に候補に挙がるのはやはりGRDⅡ。周辺アクセサリも使い慣れたものが
そのまま流用できるので、出費も最小限で済むし、操作もほとんどそのままの感覚でいいはず。

もうひとつよさげだなあと感じているのは、シグマのDP2。
40mmというのも好きな焦点距離だし、画質はおそらく申し分無い。

3代目の噂もちらほらしている昨今、GRDⅡはずいぶんとお求めやすい価格である。
おそらく、今ぐらいが底値ではないだろうか。
[PR]

by moto9383jp | 2009-04-11 14:34
2009年 04月 06日

物欲任せの備忘録

購入予定はじぇんじぇんありませんが、いま欲しいものを書き連ねてみる。

Nokton Classic 35mm F1.4
Color Skopar 20mm F3.5 SLⅡ
Ultron 40mm F2 SLⅡ
D700
ハッセル用の50mmレンズ
新しいPCと、でっかいモニター

M6パンダ用に35か28mmが欲しいと思っているのだけれど、
ライカレンズの底無し沼のほうを見向くことはしないように・・・と心がけている。
幸いなことに、日本にはコシナというたいへん素敵なレンズメーカーがあるため、
ニコンFマウント用の単焦点MFレンズも含めて日々妄想している。ありがたいこと。

デジタル1眼レフは、1台あればじゅうぶん。やっぱりフルサイズは魅力。
ファインダー視野率が100%じゃないのが残念とかあちこちで言われているが、
そんなことよりも、いま所有しているレンズをそのままの焦点距離で使えるという
長所のほうが遥かに大きい。なので、夏あたりにでもD300を下取りに出して
チャレンジしてみるべえか、と企んでいる。

500C/Mを手に入れた当初から、広角の50mmが欲しくてしょうがない。
標準画角(80mm)に意識を固定していられるうちはよいのだけれど、
もう少し引いて撮ることができたら・・・ともどかしくなることがけっこう多い。
ただし、中古でもそれなりのお値段がするので、ゆっくり出会いを待っているところ。

いまのPCは数年前に購入したもの。まだデジイチもハッセルも持っていなかった。
ところが、こういうやたらでかいカメラのデータというのがやはりずいぶんと大きく、
買った当時は最新鋭の性能だったはずが今では処理速度が追いつかなくなっている。
HDDは増設することにしたが、もっと速いPCも欲しいなあ。

などなど、夜毎に妄想族と化してはネットを眺めて溜息をついているのだが、
クルマを買い換えることになったので、これらは臨時収入が無い限りは、お預けとなったのでした。
[PR]

by moto9383jp | 2009-04-06 20:06