気まま写真日記

kimamaph.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 03月 28日

どちらにしようかな

うわ、ずいぶん更新しとらんかった。

でも、閲覧のカウントはされている。
定期的に見に来てくださる方にも、偶然お出でになった方にも、感謝。

今週末は久しぶりの休日。溜まっているシゴトはあるけれど、どーでもいいやとのんびりしている。

沖縄や京都の画像はいましばらくお待ち下さい。まだ現像が上がってこないのです。

さて。

コンデジを購入することになり検討中。
自分のではなく、家人が使うためのもの。
ぼくのおさがりのGX8が壊れてしまい、1歳半の怪獣のおもちゃ箱行きが確定。

候補はふたつ。 リコーのCX1と、フジのF200EXR。

CX1を買うつもりでネットであちこち眺めていたのだけれど、まだ発売間もないこともあって、
GRDⅡと同じぐらいの値段がする。自分用だったら迷わずGRDにするのだけれど、そうもいかない。
家人のリクエストは、『液晶が大きい』 『顔検出機能』 『手ブレ補正』 『コンパクト』 のよっつ。
いまではコンデジには当たり前の仕様ではあるけれど、GX8を使いながらじっとガマンしていたということ。
カメラとしての機能は申し分ないのだけれど、やはり友人のデジカメなどを見るたびに
それら最新鋭の機能を知り、指をくわえて見ていたらしい。

CX1よりももう少し低価格のものを、と思って眺めていたら、F200EXRが目に留まった。
フィルムの時代から長く映像を手がけてきているメーカーということもあって、フジは嫌いじゃない。
むしろ、KLASSEではずいぶん楽しませてもらっているし、ここがフィルムを続けてくれるからこそ
ぼくは大きな愉しみを日々与えられながら過ごしていられる。

この最新モデルも、なんだかよさげな雰囲気である。
あまりよくわからないけれど、新型ハニカムCCDが凄いらしい。CCDサイズが大きめなのもいい。
高感度画質については、端から気にしていない。このカメラのフラッシュがなかなか賢いらしいからだ。
ネット上にアップされた数多の作例を見ても、いい印象を受ける。

今回はこちらを買うことにしてみっぺか、とぼんやり考える土曜の午後。
[PR]

by moto9383jp | 2009-03-28 15:24 | 機材庫(デジタルカメラ)
2009年 03月 09日

蒼の散歩・江ノ電にて

e0156667_23572055.jpg
e0156667_23573693.jpg
e0156667_2357529.jpg
Leica M6 / Nokton 40mm F1.4 S.C. / RDPⅢ

2月の初め、とんでもない快晴と暖かさに恵まれた鎌倉で、江ノ電に乗ったり降りたりしながら
購入したばかりのM6をパチパチ。富士山もすばらしく綺麗に蒼空に映え、上着も脱いで海風と
お日さまを浴びつつの撮影日和でございました。

2枚目は江ノ電を狙う撮り鉄の方々が写っていますが・・・
ここは有数の撮影スポットであるらしく、とてもちいさなカーブにさしかかって
電車がギリギリまで速度を落とすところです。
でも、このとき電車止めちゃってるのね、ほんの一瞬ではあるけれど。

ファインダーの中しか見えてないのかな。
カラダの一部や機材が危険枠の中に入りかけてることぐらいは・・・と思ったのでありました。
[PR]

by moto9383jp | 2009-03-09 00:15 | 旅の写真
2009年 03月 08日

おもいのほか気持ちいい

e0156667_11385636.jpg
GR Digital / 絞り優先F4 / -0.3EV / 中央重点測光

2月の2度目の東京出張では、日曜午後の早い新幹線に乗らなければならなかったので、
水上バスでも乗ってから帰るか、と思い立った。

そして、快晴。

日の出桟橋から浅草まで、水上バス40分の旅。
船のいちばん最後尾に陣取り、「どでででででで」と響くエンジンと水の音で耳をいっぱいにされながら
川面とほとんどかわらないレベルから眺める高層ビルや公園や築地や東京タワー。
『東京に空が無い』ともかぎらない、心地のよい日曜日。

GRDとM6を交互にパチパチやりながらすっかり気分良くなってしまい、
このあと浅草の好きな釜めしやさんで昼ビールまで堪能してから帰途についたのでした。
[PR]

by moto9383jp | 2009-03-08 11:46 |
2009年 03月 07日

バカかばん2。

たまには更新しないと。

またもや、ナイスなカメラバッグが必要になった。今月後半に出張旅行があるのだが、
4日間のうち2日目と3日目がまるまる自由行動という、何しに行くんだかわからない旅。

であれば、カメラを持っていかない手は無い。
ましてや、行き先は沖縄と京都である。カメラが無ければ一生後悔する。

携行したいカメラは幾つかある。あれも、これも・・・レンズも。

だが、それら一式を収める容量を誇るバッグは持っていなかった。
で、バッグ選び開始。

条件は、ショルダーバッグであること、軽いこと、深さと幅に余裕があること、
3日以上の旅に持ち出すトロリーケースのシャキーン(わかりますね)に固定できること。
いっぱい収納できるけれど機内持ち込みが可能なこと。

探してみると、なかなか無いんだな。これが。

DOMKEのF-2なんかもずいぶん欲しくなって店頭で触ってみたりもしたけれど、
結局のところはLoweProのNova200AWに決定。

遠征メンバーは、GR Digital とハッセルの2トップが既に決定。
ここにスーパーサブでD300かNewFM2かF3かM6パンダちゃんのどれかを加えるところで思案中。
フィルムもどれとどれを・・・とか考えてるとたいへん楽しい。出張万歳。
e0156667_10352060.jpg

で、とりあえずごそごそと詰め込んでみるとこんな感じ。 
左に500C/Mと中判用フィルム、真ん中には24mmレンズつきのF3、F3の隣にレンズが2本。
右は、GR Digitalのコンバージョンレンズ2本と露出計やビューファインダー、35mm用のフィルムを数本。

ハッセルとブローニーフィルムが嵩張っているのを差し引くと、デジタル一眼レフ2台+
交換レンズ4本ぐらいはすっぽり収められそうだ。フィルムの分も無くなるしね。

フィルムが箱入りだとかなりのスペースをとってしまう。直前に箱から出して巾着袋に入れる予定。
巾着袋はふたつ。未露光と露光済みを分けておくため。フィルムの包装箱は、ベロの部分だけ千切って
バッグに入れておかないといけない。ハッセルもF3も、一度フィルムを装填してしまうと中にどのフィルムが
入っているのか判らなくなってしまうので、マガジンの背面にベロを挟んでおくホルダーが付いている。
[PR]

by moto9383jp | 2009-03-07 15:01