気まま写真日記

kimamaph.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:仙台の街並( 20 )


2013年 05月 25日

RICOH GR

e0156667_1120448.jpg


1年ぶりの更新です ^^;

ゆうべ、発売されたばかりのGRを受け取り、そのまま撮り歩きをしてきました。

GRについて紹介している記事では「ほぼ変わらないサイズで・・・」と書いてありますが、
やはり従来のGRDシリーズを持ち慣れている手にはぐっと大きく重い感触があります。
でもすぐに慣れるでしょう。

起動が抜群に速くなりました。手に持って歩いていて何かを撮ろうと思った瞬間から
カメラを構えるまでのあいだにシャッターを押す準備が整っているというのはありがたい。

35mmの焦点距離相当にクロップする機能も試してみましたが、これはいいですね^^
フルサイズの一眼レフでは多用している好きな画角で、GRでも重宝しそうです。

午後からまた街中にでも撮りに出かけようと思います。
[PR]

by moto9383jp | 2013-05-25 11:33 | 仙台の街並
2010年 08月 16日

カネのハナシ

e0156667_0371063.jpg
GR DIGITAL3

この週末、NHKで糸井重里と矢沢永吉の対談を観た。

番組は、おカネのことをもういちど考えませんか、というようなコンセプトのもの。
両氏の対談と、高橋源一郎氏による文豪・思想家のおカネにまつわるハナシ、
そしてモデルの24歳の女の子のおカネに対する考え方の3部構成で、
それら別個のVTRを交互に3サイクルぐらい順に組み込んだ構成。

率直な感想としては、対談だけでも視聴者を啓蒙するには十分であったと思う。
高橋氏は、文芸評論家として文学史や思想史にみられるおカネのエピソードを紹介したに過ぎず、
モデルの女性は『○○円あったら何に使う?』という問いに『スーパーに行く』とか
『500円あれば1食食べられるじゃないですか』など、至ってフツーの金銭感覚を
ご披露なさっているばかりであった。正直、つまらなかった。

しかし、矢沢永吉のするカネのハナシは、妙に説得力があった。

額面のBIGなハナシ、というわけではない。
むしろ、『チケットが売り切れているのに興業として赤字になるのはなぜか』のような
経済原則のようなものや、『子供には家の電化製品を点けっ放しにしないよう
言い聞かせている』などのよくある常識的なものばかり。

しかし、このひとは、その昔一夜にして何十億もの借金を抱え、それを完済した人物である。
『俺って単純だからさ、YAZAWAなら返せるよ、って周りに言われて、マジ?って訊いたら
マジマジって言うからさ、その気になっちゃったわけ』とはうそぶくものの、
『このカネはどっから出てるの?誰が払うの?そんなクソ当たり前のことがさ、大事なんじゃないの』
カネにまつわる真理のひとつであることは解っているつもりなのだが、
このひとが口にすると、その真理はとてつもない迫力をもつ。

だけど、矢沢永吉が子供を正座させて、『おまえ、このエアコン誰が払ってると思ってんだ』
って訥々と説教するってのは、想像を絶するなあ。
[PR]

by moto9383jp | 2010-08-16 00:43 | 仙台の街並
2010年 08月 15日

写真撮りたい

e0156667_0365943.jpg
GR DIGITAL3 / 仙台・いろは横丁

暑いのと忙しいのとで、しばらく撮りに出ていない。

頼まれシゴトも、ようやく今日でひと段落。
明日の日曜日だけが、完全なおやすみ。

ぱーっと、撮りに出かけようかな。

何処に行こう。
[PR]

by moto9383jp | 2010-08-15 00:37 | 仙台の街並
2010年 08月 10日

お盆進行

e0156667_23205999.jpg
iPhone 3GS

先月一杯で、打ち寄せる波のように襲い来る書き物をすべてやっつけた筈だった。

どうだまいったか、と肩で息をしていると、すかさず今月になってから
ぜんぶ校正原稿に化けてばさばさばさ、と一斉に帰ってきた。

すべてが、お盆前か盆明けの期限が切られている。

お盆までは本業が比較的ヒマなのでよかったけれど、
ほんとうはここいらで一息つきたかったんだよな。

まあいいか。
[PR]

by moto9383jp | 2010-08-10 23:21 | 仙台の街並
2010年 06月 05日

ビール!ビール!ビール!

e0156667_19361627.jpg
GR DIGITAL3 / 仙台市国分町

しばらく更新をお休みし、モノカキしておりました。

今日でとりあえずひと段落。今月中にあとひとつ、来月中にあとひとつ書けばよい。

さっき、シゴトの帰りにビールを買ってきました。

傍らにはAmazonのダンボール。「毎日かあさん」6巻まで入っています。これから開けます。

ぱーっと呑みにいきたいけれど、土曜日にひとりで暖簾をくぐるのもさみしいし。

アタマのなかが文字でいっぱいで、ヤバイぐらいにふわふわしています。

そろそろグラスも冷えたかな・・・
[PR]

by moto9383jp | 2010-06-05 19:30 | 仙台の街並
2010年 03月 04日

全席禁煙なので

e0156667_21423533.jpg
GR DIGITAL3 / 仙台大野田店にて

ドナルドとお外で仲良く。
[PR]

by moto9383jp | 2010-03-04 21:45 | 仙台の街並
2010年 02月 18日

映画を観てきた

なぜか『映画館にいこう!』と思い立ち、レイトショーに駆け込みました。
観てきたのは『ゴールデンスランバー』。

以下、ちょっとだけネタバレ注意。

オール仙台ロケだけあって、ずいぶん愉しめました。
逃走経路も、地理的に 「そりゃ無理でしょ」 的な無茶は少なくて気にならず。
仙台を知らないひとも愉しめるのかな~。

それにしても、学生時代の恋人が竹内結子さんという設定は、うらやましか。

画像は、主人公が逃走開始後まもなく駆け抜けた東一市場。

e0156667_1163152.jpg

GR DIGITAL
[PR]

by moto9383jp | 2010-02-18 01:17 | 仙台の街並
2010年 01月 17日

Ⅲ号機はじめました

e0156667_0421850.jpg
e0156667_0425483.jpg
GR DIGITAL 3

前の記事(というか、つぶやき)をupしたあと、価格.comを見てみたら、
こなれた価格であるうえに、最寄りのショップが最安値になっている。

年明けのいくつかの頼まれ仕事で得た報酬で、軍資金はきっちりとある。
では買いに行くべえか、と、はやる気持ちを抑えつつ日中の仕事を終え、
夕方そのショップへ突撃。午前中よりもさらに100円ほど価格は下がっていた。購入。

その足でヨドバシカメラへ行き、液晶の保護フィルムを買い求め、腰を落ち着けて
コーヒーを啜りながらフィルムを貼り付けて準備完了。今回、梱包から取り出したのは
カメラ本体とバッテリーのみ。しかし、バッテリーは容量こそ大きくなったものの、
旧型のものも共用できる。しかもチャージャーも同じくBJ-6のまま!
リコーさんエライ!と一瞬思ったが、何のことはない、我が家に充電池とBJ-6が
溜まってゆくだけなのである。結局同じ充電器が3台、バッテリは予備も含めて4つ。
『充電器とバッテリー要りません』的なカスタマーサービスもアリじゃないだろうか。

毎度感心するのだけれど、GRDを買うたび、バッテリーが満タンではないものの
充電されている。出荷前に同一梱包内で動作確認をするためなのか、あるいは
購入して家に帰るまで待てない、ぼくのようなユーザーのためなのかは判らないけれど
たいへんありがたい。買って数分後には撮影準備OKという、出足の速いスナップカメラ。
おかげで仙台駅周辺をうろつきながら感触を確かめることができた。

GRDにはストラップの類を一切装着したことが無く、撮影体制のあいだはずっと右手で
カメラを持っている。やはりこれまでよりも大きく感じる。
レンズユニットが大径化し、モニタも3.0型になったおかげで右手とカメラとの
接触面積が狭くなっているようで、なんとなく心許無い。そのうち慣れるだろうけど。
でも、リストストラップぐらい着けておこうかな・・・

なかなか難しいのが、十字キーの右ボタン。エグい角度でせり上がったグリップとの
間隔が狭く、感覚的にはちょっとだけ押しづらい。キーの連続操作をしているときは、
隣のMENUボタンを引っ掛けてしまうことがある。これもそのうち慣れるだろうけど。
ボタン類はⅡのような黒光りタイプではなく初代と同様のツヤ消し。こっちのほうが好き。

レンズもセンサーも前のものより良くなっているのは知っていたけれど、思いのほかその差を
実感したのは各種操作に対する反応の速さ。これはとてもいい。楽しさを維持したままで
その時間を過ごしていられる。家に帰ってきてから初代GRDも
起動してみたけれど、3代目と比べるとまるでうすのろである(ゴメンナサイ)。

最初の撮影がいきなり夕景夜景。仙台駅のそれぞれ西口と東口にて。
[PR]

by moto9383jp | 2010-01-17 00:43 | 仙台の街並
2010年 01月 13日

雪乞い

e0156667_1583683.jpg
HASSELBLAD 500C/M / Planar C80mm F2.8 / PRO400(現像後モノクロ変換)

仙台に雪が降らない。降らなさ過ぎ。

子供の頃は、冬にはきっちりと雪が積もり、雪ダルマだって大きなものが作れた。
かまくらだって作れたのに。晴れた朝に、新雪をずぼずぼといつもより時間をかけて
学校に行くのが楽しみだったのに。

冬のスタッドレスタイヤは、仙台にあってはもはや「保険」程度の意味合いしか持たない。
ただただすり減らしながら3シーズン履いては買い換えている。あほらし。
[PR]

by moto9383jp | 2010-01-13 02:00 | 仙台の街並
2010年 01月 08日

ひかぺー撮影術

e0156667_0471291.jpg
Nikon D700 / TAMRON 28-75mm F2.8 (A09)

年末に、『SENDAI 光のページェント』を撮りに出かけました。
いちど撮ってみたいと思っているアナタに、いくつか押さえておきたいポイントをご紹介します。

お日柄: 雨や雪が降った後で、空気が澄んでいて風の無い、クリスマスも過ぎた平日に。

時間: 早い時間は家族連れも多く、通行人の邪魔にもなりやすいので出だしは遅めに。
     
場所: お好みで。定禅寺通りと晩翠通りの交差点より西側がわりと空いています。

防寒: 重装備で。寒い思いをすると撮る気が失せます。

機材: 最近のデジカメは高感度画質がおそろしく良いので気合の入った手持ちで
     なんとかなってしまうこともありますが、フィルム派や望遠派は三脚必携。
     ペンライトがあると何かと便利。もしあれば、レリーズケーブル(あるいはリモコン)も。
     レンズはお好きなものをお使いください。何を持っていっても使いでがあります。

NGなコト: 写真に興味のない人間を連れて行くこと。間違ってもデートと撮影を兼ねてはいけません。
        通行人の邪魔になること。三脚の脚にもご注意。みな上を向いて歩いています。
        王道撮影ポイントを独り占めすること。

この晩は気象条件もよく、1時間半ほど気分良く撮って歩くことができました。
ハッセルで撮ったものの現像がこの週末に出来上がってくるので楽しみです。
ちなみに、D700でのこの画像はISO800で手持ち撮影したもの。この程度のブレで
済んでしまっている・・・高感度機能おそるべし。
これでレンズに手ブレ補正が付いていたら、ほんとうに三脚なぞ不要かもしれません。
     
[PR]

by moto9383jp | 2010-01-08 01:05 | 仙台の街並