気まま写真日記

kimamaph.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:機材庫(デジタルカメラ)( 13 )


2012年 04月 29日

恒例で4代目を

e0156667_1523536.jpg

GR DIGITAL4 / 北海道

おひさしぶりでございます。

GRD4を手にしました。

既定路線ですので購入にあたって特別盛り上がることもなかったのですが、
新しくなるたびによいカメラになっていきますね。ほんと凄いと思います。
[PR]

by moto9383jp | 2012-04-29 01:57 | 機材庫(デジタルカメラ)
2011年 12月 25日

RICOH GXR / MOUNT A12

e0156667_12225317.jpg

3月以降、カメラをふたつ手にしました。

ひとつはFUJIFILMのFINEPIX F550EXR。万能なコンデジ。

そして、発表当初から欲しいと思っていた、GXRとMマウントユニット。
M6パンダで使っていた35mmレンズをデジタルで使ってみたい、ただそれだけ。

これは、いいものだと思います。撮ってよし。妄想してよし。

あちこち撮り歩きたいのですが、震災の後なにかと忙しく・・・
まだ試し撮り程度にしか使っていません。
[PR]

by moto9383jp | 2011-12-25 12:23 | 機材庫(デジタルカメラ)
2010年 10月 20日

猛省。

きょうは画像はありません。まだ仕事場にいるからです。

いま、とても反省しています。生活のなかでとても大切なことを忘れていたのに気付き、
愕然とし、後悔し、懺悔し、一刻もはやく解決に向けて動かなければと焦っています。

わたしは、GRD3のファームウェアが公開されていることに、今の今まで気付きませんでした。

公開から既に10日以上、webには愉しさいっぱいのクロスプロセス現像が溢れています。

それなのに、なんという失態。

はやくシゴトを切り上げて帰宅し、とりかからねば。

リコーさん、ほんとうに愉しいです。いつもありがとう。
[PR]

by moto9383jp | 2010-10-20 21:06 | 機材庫(デジタルカメラ)
2010年 05月 04日

iPhoneで遊んでみた。

牛乳寒天の出来はなかなか。美味しゅうございました。
デコポンをむいて寒天の中にとじこめたバージョンは午後にいただきます。

さて。

iPhoneを購入して2週間、日常とシゴトに必要なメールと通話の環境整備と使い方には
だいぶ馴れてきました。ちょうどこの時期に、以前から使ってきたBluetoothのイヤホンも
壊れてお役御免となり新調。iPhoneのカタチは通話にしっくりこないので、これは欠かせません。
メール受信が1日80~90件、通話も頻繁なので、電力消費は評判どおりのものすごいスピード。新幹線みたい。
対策として、行動拠点の各所に充電設備を設けました。自宅・クルマ・仕事場。
電源が取れない状況に備えて、携帯用バッテリをひとつカバンのなかに放り込んでおきます。
ただ、充電時間も短くて済んじゃう。単にバッテリ容量が小さいだけ?

連休に差し掛かってちょっと時間に余裕ができたら、このオトナのおもちゃでどんなふうに
遊ぼうかと、やはりそんな思惑がふつふつと湧いてまいりました。

iPhone自体のカメラ機能はミニマムなのですが、アプリでいろいろと拡張できるようなので
探索してみるとまず目についたのが『Old Camera』なるもの。画像をクラシックカメラ調に変換できるソフト。

まず1枚撮って変換してみました。

e0156667_11531615.jpg


ん~、なかなかいいカンジではないですか。しかもスクエアモードにできるという。

周辺減光も可能なのです。

e0156667_11523251.jpg


陽射しが強く被写体のコントラストが強いせいかこんなふうに周りが真っ暗ですが(笑

わりとニュートラルな光の具合であれば、こんなふうになります。
モデルはM6パンダちゃん。設定で調色しています。

e0156667_1155231.jpg


これはおもしろい。使える。
おそるべしiPhoneワールド。

ほかにも、『Film LAB』という銀塩派(一応まだ・・・)の食指をそそるアプリも
ダウンロードしたので、あらためてレポートいたします。
[PR]

by moto9383jp | 2010-05-04 12:02 | 機材庫(デジタルカメラ)
2010年 01月 20日

すべらない話

e0156667_33439.jpg


DOMKEのカメラストラップ(40mm幅)を買おうかと前々から企んでいたのだけれど、
先日ヨドバシで物色していたら、ロープロからいいものが出ていた。

DOMKEと同様にラバーが織り込まれているのだけれど、ロープロはラバー部分の
面積が遥かにだだっぴろい。画像の、グレーの部分がそう。価格もDOMKEよりかなり手頃。
D700に装着し、滑り易い服を着て肩からさげてみたけれど、バッチリ。ずれることも無い。
逆に、スムーズな動きが必要ならワンタッチで裏返して使うことができる。

これで、一眼レフのほうはほぼ全機にそれぞれ満足いくストラップが行き渡った。

次の懸念は、GRD3のリストストラップ。いいものご存知でしたら紹介してください。
[PR]

by moto9383jp | 2010-01-20 03:35 | 機材庫(デジタルカメラ)
2010年 01月 11日

こんな感じでいいんじゃないでしょうか

仕事は夕方で切り上げ、新しいAWBのD700を携えて、いろは横丁に足を運んでみました。

昼間の撮影はおひさま設定だからあまり関係ないのだけれど、
室内でも夜でも人工的な光源があるときのAWBがどうなのかというところが気にかかります。
そういう意味では、電球あり蛍光灯ありネオンありLEDあり提灯ありのこんな場所が
テスト撮影にはもってこいではないかという、素人の短絡的思考により横丁へと参ったのです。
まあ、好きな場所で好きに写真を撮りたい、それだけ。

2本の路地を往ったり来たり、おまけに文化横丁も散策。満足ですじゃ。

で、気になるホワイトバランスはといえば、こんな感じでございます。

e0156667_21555662.jpg


e0156667_21562470.jpg

共通撮影データ
Nikon D700 / Ai 35mm F1.4S / 絞り優先 F5.6 / ISO800 / AWB(デフォルト) /
ピクチャーコントロール:ニュートラル / いずれも撮影時にマイナス補正


どうでしょう、個人的にはなかなか悪くないと思うのです。

また、このまま様子をみていきましょう。
[PR]

by moto9383jp | 2010-01-11 22:05 | 機材庫(デジタルカメラ)
2010年 01月 10日

D700 ファームウェア

年明け早々、Nikonさんはお年玉代わりに中上位デジタル一眼レフの新ファームウェアを
発表なさいまして、ユーザーにとっては正月ボケをしているヒマは無いのであります。

新ファームウェアの詳細はこちらから(ニコンイメージング)

D700に関しても、GRDのファームアップすらままならないぼくにはその内容とありがたみがよく解らず。
しかし、AWBが改善されたとの記載があるのでさっそくダウンロードしてみました。
最近はもうWBはおひさまモードにしっぱなしなのですが、時々AWBを使うことはあります。
AWBのデフォルト設定にはやはり違和感があり、カスタムで(B+1, G+1)か(B+1, M+1)と
設定することが多かったように思います。

ついさっき思い立ってバージョンアップを試みたのですが、その前に1枚だけ撮っておき、
ファームウェア変更後に同じカットで試してみることにしました。
結果は次の通り。

変更前
e0156667_20594840.jpg


変更後
e0156667_2101871.jpg


季節感がちゃんぽんされた被写体で申し訳ありません。撮影データは共通して次の通り。
Nikon D700 / Ai 50mm F1.4D / F4 / 1/40sec. / ±0EV /ISO400 /
AWB(デフォルト) / ピクチャーコントロール:SD / アクティブDライティング:オート


1カットだけの簡単至極なテストですから、再現性も何もあったものではありませんので
ここで検証も考察もするつもりはありませんが、印象としては暖色系が弱められているようにも見えますね。
まあ、もともと自分で修正していたのと全く同じではないにしろ似たようなベクトルのようですから
歓迎しつつ様子をみていこうと思います。
[PR]

by moto9383jp | 2010-01-10 21:23 | 機材庫(デジタルカメラ)
2009年 04月 24日

買ってみました Ⅱ号。

あたらしくGR Digital Ⅱを買い求め、先週末の出張に携えた。
いままでいろいろとカメラを買ってきたが、今回はなんともまあ気分的に盛り上がらない買い物で、
宅配便で届いた梱包を解き、あの黒い箱を開けて、カメラだけビニール袋から取り出し
初代GRDからバッテリーとカードを移し替えて撮影準備完了。ほか説明書やCD-ROMや
充電器にはまったく触れずに包装箱を廊下の物入れに仕舞い込んだ。購入手続きから
電源を入れるに至るまで、世代交代は粛々と執り行われた。

GRDⅢへの期待感が盛り上がる昨今、いまさら2代目かいなという感もしないでもない。
だが、銀塩GRを買い損ねて憧れと幻想だけでGRDファンになったワタクシとしては、義理でも
2代目も持っておきたいという思いはあった。また、先週あたりはこの2代目がべらぼうに安かったと
いうことも背中を押した。いま乗り換えれば、初代は動作可能なままで残すことができ、
有事の際はサブ機として使用できる。

操作系が少し改善されたぐらいで、特別な違和感は無い。初代に無い機能のひとつに、
水準器を液晶画面に表示することができる。この2日間はファインダーを使わず液晶と水準器を
見ながら撮ってみたが、これを普段デフォルトで使うかどうかはまだ決めあぐねている。
構図とシャッターチャンス、水平表示をどんぴしゃのタイミングで合わせられるかどうかというところ。
三脚を使用するのでなければ、これまでは誰でも自分自身の視覚と三半規管とを駆使して撮ってきた。
しかし、自らの感覚では水平を取れていても、水準表示がひとつ右に寄っていたら、
それに合わせようかどうか一瞬躊躇するだろう。結果、構図が微妙にずれたりいい瞬間を逃したりと
いうことにもなる。この2日間の傾向としては、ぼくの構えた状態で水準器は左にひとつぶんずれた状態、
つまりほんの少し右下がりと判断されていた。

では、水平水準器の表示は正しいだろうか。このカメラに収められた水準器の原理と構造を
ぼくはよく知らないのだけれど、一般的にナニゴトかを測定する機械というのは、
定期的なキャリブレーションが必要だ。製造段階でキャリブレートされていたとしても、
構造によっては使用状況や経時的にずれを生じる可能性がある。これは、ときどき
レベラーの着いている三脚に据え付けて確認してみようと考えている。

明日からまた出張で東京へ。今回はファインダーを持っていこう。
e0156667_3212696.jpg

GR DigitalⅡ/ F4 / -0.7EV / 中央重点測光 / ISO80
[PR]

by moto9383jp | 2009-04-24 03:22 | 機材庫(デジタルカメラ)
2009年 03月 28日

どちらにしようかな

うわ、ずいぶん更新しとらんかった。

でも、閲覧のカウントはされている。
定期的に見に来てくださる方にも、偶然お出でになった方にも、感謝。

今週末は久しぶりの休日。溜まっているシゴトはあるけれど、どーでもいいやとのんびりしている。

沖縄や京都の画像はいましばらくお待ち下さい。まだ現像が上がってこないのです。

さて。

コンデジを購入することになり検討中。
自分のではなく、家人が使うためのもの。
ぼくのおさがりのGX8が壊れてしまい、1歳半の怪獣のおもちゃ箱行きが確定。

候補はふたつ。 リコーのCX1と、フジのF200EXR。

CX1を買うつもりでネットであちこち眺めていたのだけれど、まだ発売間もないこともあって、
GRDⅡと同じぐらいの値段がする。自分用だったら迷わずGRDにするのだけれど、そうもいかない。
家人のリクエストは、『液晶が大きい』 『顔検出機能』 『手ブレ補正』 『コンパクト』 のよっつ。
いまではコンデジには当たり前の仕様ではあるけれど、GX8を使いながらじっとガマンしていたということ。
カメラとしての機能は申し分ないのだけれど、やはり友人のデジカメなどを見るたびに
それら最新鋭の機能を知り、指をくわえて見ていたらしい。

CX1よりももう少し低価格のものを、と思って眺めていたら、F200EXRが目に留まった。
フィルムの時代から長く映像を手がけてきているメーカーということもあって、フジは嫌いじゃない。
むしろ、KLASSEではずいぶん楽しませてもらっているし、ここがフィルムを続けてくれるからこそ
ぼくは大きな愉しみを日々与えられながら過ごしていられる。

この最新モデルも、なんだかよさげな雰囲気である。
あまりよくわからないけれど、新型ハニカムCCDが凄いらしい。CCDサイズが大きめなのもいい。
高感度画質については、端から気にしていない。このカメラのフラッシュがなかなか賢いらしいからだ。
ネット上にアップされた数多の作例を見ても、いい印象を受ける。

今回はこちらを買うことにしてみっぺか、とぼんやり考える土曜の午後。
[PR]

by moto9383jp | 2009-03-28 15:24 | 機材庫(デジタルカメラ)
2009年 01月 25日

リングの悩み

e0156667_13171825.jpg
GR Digitalを使い始めてから1年半が経過し、そろそろ2台目の影がアタマの片隅を時折ちらりちらりと舞っている。

GRDユーザーのなかには、毎日持って歩き、しかも永く使っている方も多いと思う。
そして、あのイカリングの中にすっぽり納まりそうなリングキャップをいつの間にか失くしてしまったというハナシもよく耳にする。
実際、量販店のディスプレイモデルのリングなどは外されているものが多い。リングを失くした人がこっそり持っていってしまうのか、
あるいは店側が最初から外して展示しているのかもしれない。

ぼくも、いちどだけ失くしたことがある。

昨年の10月に仕事で横浜へと出向いた際、晩飯とお酒で相当気分良く宿へ戻り、
夜景でも撮りながら散歩でも、と思い立って馬車道から歩き出し、みなとみらいを一望できる
北仲橋の欄干からシャッターを切った。何枚か撮ってワイコンを装着してまた撮り、
ぐるぐる歩いて宿へ戻った。付けっぱなしにしていたワイコンを外し、上着のポッケをまさぐって
ようやくそこでリングが無いことに気付いた。

GRDを使い始めてからこのかた、リングだけは失くすまいと心がけてきたのでいささかショックではあったが、
翌朝の仕事に備えなければならず、しょうがないかとあきらめて床に就いた。
翌日の昼ぐらいから、さて何処でリングを落としただろうかと、アルコールまみれの記憶を辿りながら仕事をしていた。
おそらく、ワイコンを装着しようとしたときに落としたのだとは想像がつく。だが、困ったことに
昨夜のルートの何処でそうしたかが定かでない。
夜、宿に戻ってから昨晩撮った画像のExif情報をチェックしてみると、みなとみらいの夜景からワイコンを使っているらしい。
これから探しに行こうかとも思ったが、なにしろもう真夜中である。見つけづらいだろうし、
そのうえ今夜も酔っ払っている。
翌朝みなとみらい方面へ向かうのにそのルートを徒歩で地面を睨みながらゆくことにした。

朝、みごとな秋晴れの馬車道通を下だけ見ながら歩き、とうとう橋の上へと来た。
まだ人通りはちらほらの時間帯。ワイコンを使ったGRDの液晶画面と実際のみなとみらいの風景とを見比べながら、
撮影したポイントを探す・・・たぶん、ここだ。そう、欄干にGRDをおっつけて撮った。

と、いうことは・・・半径5mぐらいの範囲で地面を見渡すと・・・あった!
頼りなく、橋の歩道の隅っこにいた。拾い上げてみると、たしかにGRDのリング。
奇跡的に変形や目立つ傷も無い。まる1日半も放置されていたにもかかわらず。
ちゃんとジャケットのポッケに納めて、安堵の一服でもしようとカフェに寄り、そこでGR Digitalに装着した。

では、このリングを失くさないためには、どうすればよいのか。

いちばんの方法は、のっけから外して元箱にしまっておくことである。ただし、アダプターの
接続部が露わになったGRDというのは、ひざ丈ズボンにハイソックスとサンダル履きの
休日おとーさんのようで、残念な感が漂っている。

次は、いっそのことワイコンもテレコンも使わない、というもの。リングの着け外しという行為が
生じないため、作業に伴って失くす確立はぐっと低くなる。

ワイコン装着時は、リングをひっくり返してアダプターとワイコンの間に挟むことが可能だが、
テレコンではそれが出来ない構造になっている。

あるいは、リングを失くすというのを承知してしまって、普段から予備を備えておくというのもアリだろうか。
メーカーから単品買いとかできるのかな。

個人的には、テレコンとワイコンを極力使わないのがいちばんではないだろうかと考えている。
そもそも、GR Digitalのどこに惹かれたかといえば、このコンパクトさの中にこれだけの性能を
携えているということに他ならない。ワイコンやテレコンの画角はとても好きなのだが、やはり
これらのオプションは『後付け』として割り切るべきなのだろう。

画像は、リング紛失中のもの。
[PR]

by moto9383jp | 2009-01-25 04:07 | 機材庫(デジタルカメラ)